あなたの運勢や気になる人との相性、姓名判断など総合的に統計学を用いて鑑定します。
ご自分や家族、同僚のことが良くわかります。名づけも承ります。

リアル対面・オンラインいずれも対応可能

初回30分無料相談あり
無料
1回60分
10,000円(税込)
延長30分毎
5,000円(税込)
鑑定書の作成や命名もお任せください。(詳細はお問い合わせください。)
1件 5,000円より 

悩みの解消には自分と相手を知ることが近道。40年の実績に基づいた丁寧な鑑定に定評あり。

長年の研究と実績により今までに多くの方を鑑定してまいりました。様々な角度からの鑑定法を取り入れていますが、ご相談内容に応じてお気軽に鑑定できます。
また、あなただけのオリジナル鑑定書の作成も承っています。
一生の道しるべとなる事でしょう。

【姓名判断の歴史と姓命学研究所】

姓名判断の歴史は古代中国の五行説および陰陽説にあると言われています。

五行説とは『木、火、土、金、水』の五行の元祖。
これによってこの世の中全てを解釈する思想であり、
陰陽説とは  森羅万象、宇宙のありとあらゆる事物をさまざまな観点から陰(いん)と陽(よう)の二つのカテゴリに分類する思想です。

姓名の字の画数から五行と陰陽のバランスを見て吉凶を判断をしていたのが始まりと
考えられています。

今では、『五行陰陽説』とも言われています。

日本の歴史で、
日本人が苗字を名乗るようになったのは、
明治8年(1875年)の2月に発令された「平民苗字必称義務令」がきっかけといわれています。

そして、
運命学者の熊崎建翁によって「姓名判断の神秘」が発売され大ベストセラーになりました。
これで難解で理解しずらかった『姓名学』が一気に広まっていくのです。

拙著は旧字体を採用しています。

言葉には「言霊」と「魂」があると言われていますが、
数字にも「数霊」が宿ります。
よって、姓と名のバランスから総合判断を姓名判断ではしています。

一方的に吉とか凶とかは決めつけられませんが、
あくまでも全体のバランスから判断し、弱点をどうカバーするか。

日頃の心掛けや場合によっては、ペンネームを作る事もあります。

歌手の大御所となった五木ひろしさんは、
現在に至るまでに4回も芸名を変えているのです。

勿論ご本人の努力持って生まれた天性の部分もありますが、
名前の意味は50年以上の歴史が裏づけとなっています。

私も名前を変えています。
本名の他、ビジネスネーム、活動名をふたつ持っています。

自分のなりたい姿や、本来の実力が発揮されるように、など
様々なことを考え、
姓名判断をして作成しました。

ですので、
赤ちゃんのお名前、ビジネスネーム、活動名などの
名づけを総勢800名以上作らせていただきました。

姓名判断は、20,000人を超えています。

名前だけでなく、生年月日なども含めて私なりの統計も出来ています。

それが『姓命学研究所』松永峰岳 としての私の顔でございます。
どんなことでもご相談ください。

湘南話し方センター専属講師の遠藤智美(Shining Place)でも
内面の輝きのために必要な占いや統計学、精神学なども含めた相談を承っています。
詳細はこちらをご覧ください。

お申し込み方法

以下のリンクボタンをクリックして、お申し込みフォームへおすすみください。

鑑定のお申込みはこちら