姓命学研究所

姓名判断、事前に分かれば?

各新聞やテレビでも実名で報道されていている、昨年4月の東京都江東区長選を巡り、公職選挙法違反(買収など)に問われた前法務副大臣の柿沢末途・前衆議院議員(53歳)。
実は姓名判断にしっかりと出ていました。

姓名判断で言う『地格』は一般的に19画と言われていますが、
実は「」の(しんにょう)の部分は7で見て「途」は14画で鑑定します。
そこから「未途」は19画となり「凶」。
この19画は、姓名判断では「障害運」といって障害多難、病弱不和孤独波乱の凶運数となります。

しかし姓名判断は、苗字とのバランスもあります。
沢と未の部分の「沢」は本来【澤】で判断します。
ここは人格部といって人生の大半や性格も出ます。
今回は22画となり、
意味は「薄弱運」=薄弱不如意不平逆境物事中途挫折の意「凶」 
となります。

苗字だけで言うと、26画。
画数のみで見ると凶ばかり。
しかし天格の苗字はご先祖から授かったものです。
全体の5行節が【水】【木】【土】のバランスですからとても良いバランスとなっています。
だからこそ衆議院議員 副法務大臣迄いかれたのでしょう。

【総格】は45画で決して悪くないのですが、、、。

ご本人が事前に分かっていたかは別として、
そんな危険性を持っているとわかっていれば、気を付けて過ごし、
このような結果にならなかったのではないでしょうか。

まだ将来を期待できる方のはず。
反省するなら、最初からもっと法律を理解して陣中見舞いとならないよう心がけて慎む事が重要と感じました。このような事実は、過去にも広島県から選出の議員でも、同様のケ―スがあった事が記憶にあると思います。

今流の『姓名判断』は歴史が浅いです。
私の行なっている姓名判断は、統計的に100年以上の歴史のある流派を活用して判断しています。

例えば、衣部(ころも・ころもへん)も6画で 
艸部(くさ・くさかんむり・そうこう)6画。 
私が姓名判断を鑑定士するようになってから約50年間、豊富な事例が裏付けています。

そんなことから、難しい漢字の苗字や名前をあえてひらがなにしている方。
他の対策を考えて対処されている方々も多く見かけます。


現在のお名前、命名など気になる方、興味のある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

今日の日が昨日よりもっと輝ける日となりますよう

「心とことばの研究所 湘南話し方センター」
興味のある方は、ぜひ一度体験にいらしてください。
【リアル教室】
平塚土曜教室
【オンライン教室/個人相談/個人レッスン】
随時承ります


統計学全般、運勢、本質、相性、姓名判断などに興味のある方も
「姓命学研究所」としての活動も行なっていますので
お気軽にお問合せください。

メールでのお問合せはこちらから
電話でのお問合せは
電話 0463-58-8740
今日の日が昨日よりもっと輝く日となりますよう

湘南話し方センター
所長 松永洋忠

関連記事