湘南話し方センターとは

湘南話し方センターとは、心とことばの研究所として開設し、40年の実績があります。
教室活動だけでなく、個別指導から個人相談、企業研修、各種講演、セミナーまで幅広く多岐にわたって活動しています。

所長 松永洋忠(まつながひろただ)
1945年、北海道生まれ。
昭和43年日本ビクタ―へ入社。営業マンとして多くの人達と接するうちに話し方の重要性を痛感し、都内の話し方教室で勉強したことが始まり。

その後、元々好きであったメンズファッションのメーカーに転身。
後にネクタイの企画、卸しメーカーとして独立。

都内の話し方教室では、指導員、講師を経て
昭和60年に神奈川県平塚市に「話し方、生き方教室」を開設。
その後、「心とことばの研究所」として開設。

教室開設以来、シリーズ受講修了者は、3,000人超を送り出しています。
全国での講演、セミナー受講者数は20万人を超えます。

企業研修では、県内外の公的機関、大手中小企業、病院、各種団体など、さまざまな分野で行ない、
継続して人財育成研修を依頼してくださる企業様も多くいらっしゃいます。

平成5年から続いた、神奈川県警察本部教養課、厚生課、での研修が評価をいただき、
平成14年より現在も、神奈川県警察学校での初任科生を対象として、『話し方講座』を担当し、
受講者数は12,000人を超えています。

話し方を通して学ぶことはたくさんあります。

中でも、心とことばは繋がっています。
心の持ち方ひとつで、言葉も変わります。
ことばの使い方ひとつで、心も変わります。

自分が変われば、相手も変わります。

そんなことから、心の勉強も取り入れながら話し方教室を開講しています。