話し方教室

相手の興味関心に訴える

あるJA農協に講演に招かれ、話し終えた後のことです。
講演担当の貯金課長のYさんが話してくれました。

「本当に人を褒める事は大事ですね~勉強をした事を実行しましたら素晴らしいことがありました」と! 

「そうですか?どんな事がありました?」と聞きますと、

理事長から
「Y課長、実はこの地域の〇〇さんが預金をしてくれたら周りの人もつられて貯金をしてくれるはずなんだが、
誰が行っても首を縦に振らないんでね~・・・Y課長が行ってくれませんか」
と言われ、理事長からのお願いじゃ断る訳にはいかないと引き受けたそうです。

そこで、言われた通りの場所に行くと、
門構えも大きく、まるで大臣が住みそうな大きな家。
門のチャイムを押すと、ご主人らしき方の声。
「は~いどうぞ~」
と言われ、中に入ると実に立派な菊の花が縁側にあるのが目に飛び込んできたとの事。

見た瞬間、
(凄い菊の花だな、こんな立派な菊の花は見たこともないな~)と、心の中で思ったそうです。

そこへご主人が玄関に見えたので、
「○○農協から参りました○○と申します」と名刺を渡し、
始めに挨拶と共に
「今こちらに伺いましたら、縁側に置かれている菊の花が真っ先に目に入りました。素晴らしいですね」
と、話したところ、
ご主人「いや~それほどでもないよ」と謙遜気味でした。
そこで
「いえいえ、私もいろいろな所に伺いますが、こんな立派な菊を見るのは初めてです」

それからはず~と貯金の話は一切せず、「菊く談義」となりました。
見た瞬間、
(凄い菊の花だな、こんな立派な菊の花は見たこともないな~)と、心の中で思ったそうです。

そこへご主人が玄関に見えたので、
「○○農協から参りました○○と申します」と名刺を渡し、
始めに挨拶と共に
「今こちらに伺いましたら、縁側に置かれている菊の花が真っ先に目に入りました。素晴らしいですね」
と、話したところ、
ご主人「いや~それほどでもないよ」と謙遜気味でした。
そこで
「いえいえ、私もいろいろな所に伺いますが、こんな立派な菊を見るのは初めてです」

それからはず~と貯金の話は一切せず、
苗の選び方~雨の日や強風や大雨の時にはどのように?など「菊く談義」となりました。


とにかく質問のすべてがご主人の喜んで答えてくれそうな事ばかりだったようで
何と役2時間以上。

そしてご主人には「貯金の事は考えておくよ」と言われ、
半月ほどして連絡をしたところ、
ご主人「ハイ!では~」と快諾。

その時何と!!
1億円もの額をそっくり貯金に回してくれたとの事。

誰が行っても首を縦に振らなかったのが、、、、、。

相手の関心や興味のあることを真剣に訊いた事で、
心を動かしたのです。

結果的にご主人は、県内でも菊づくりの名人であった事が分かったそうです。

このような話には様々な事例と教訓もありますよ。

今日の日が昨日よりもっと良い日でありますよう

湘南話し方センター
所長 松永洋忠

関連記事