所長ブログ

101歳~見た世相

現101歳の北島さんが、83歳の時にご縁が出来、当センターの教室へ来られて以来
現在も尊敬する人生の師と仰いでいます。
当センターのブログでも北島令司さんを何度も紹介させていただいています。

その北島令司さんが年明けに書いた文章です。
みなさん、いかがですか。

生きることに対して心打たれます。


100歳を超えた故老にまた正月がやってきました。
現在施設で手厚い介護を受けながらお世話になって車椅子を利用していますが、やっと歩行もある程度出来、
トイレも自由にできる身となりました。

記憶力は見事に衰えて自分でも驚く程忘れる事が増してきました。
時に少しの間でもお付き合いが出来なかった方へのお名前が見事に思い出せない事に驚いていております。

超高齢になると、自分で自分の身体を思うように動かせなくなって、自由がどんどん奪われていくことを感じております。
私は介護施設でお世話になる事を思っておりましたので何の不安もなく、
家族や数多くの皆様に囲まれながら現在の施設で手厚い介護を受けて生活しており、
それが私の人生への有難いけじめだと思っております。

戦争中、海に追ち、死の寸前に行ったことも有りました。
それは運命の仕業だと思いますがこの年齢まで生きて来られました。
残りの人生は、ほんのわずかではありますが自分の手足や頭が自由に動かなかったときは
家族にもできるだけ迷惑のかからないようにしておくことが年寄りとしてのけじめなのだろうと思っております。

誰にも避けられない「老い」をできるだけ後悔のないように程よくわがままに生活をしていきたいと思っております。

朝6時25分のテレビ体操は寝坊の私には大変な事ではありますが
実施し、施設内の40メ-トルの廊下往復歩行訓練を一日に3往復。 
「みんなで唄う会」を立ち上げて童謡を30分。
人生の幕が下りるまでは老骨に鞭打つことなく自然体でやっていきたいと思います。

この年齢になって自分の人生の終わりを頭の隅で意識していると、出来るだけ毎日を大切に生きる事に繋がるのではないかと思っています。

そんなことから日常生活にできる範囲で計画を立て、毎日を刻んでいきたいと思っています。
人生の幕が下りるまで(老い)について対応していければいいかなと考えております。

小さな目標であっても持っていると、結果がどうであろうと楽しいものであります。

複雑な人生だからこそ、生きた甲斐があるのだと思います。
空中戦であの大きな火の玉が無数に飛んできた中を生きてきたことからすると複雑な人生なんてたわいない事であります。


ありがとうございます。

「心とことばの研究所 湘南話し方センター」
興味のある方は、ぜひ一度体験にいらしてください。
【リアル教室】
平塚土曜教室
【オンライン教室/個人相談/個人レッスン】
随時承ります


統計学全般、運勢、本質、相性、姓名判断などに興味のある方も
「姓命学研究所」としての活動も行なっていますので
お気軽にお問合せください。

メールでのお問合せはこちらから
電話でのお問合せは
電話 0463-58-8740
今日の日が昨日よりもっと輝く日となりますよう

湘南話し方センター
所長 松永洋忠

関連記事